協栄薬品株式会社

コード:153888キョウエイヤクヒンカブシキガイシャ

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 広域(面)受付/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:大阪府/東大阪市・大阪市

八島香苗|武庫川女子大学

私にとって働くことは、人間としてのスキルアップなんです!

私にとって働くことは、人間としてのスキルアップなんです!

私は公立高校の理系コース出身。大学進学の時に、武庫川女子大に推薦枠があるからということで、深く考えずに薬学部に入りました。薬剤師という資格があれば、一生働けるという母の希望も影響していたと思います。

なので4回生の時、就職に対する意気込みを聞かれ、何もなくて困ってしまいましたけど。 


今は薬剤師になってよかったと思っています。同じ理系でも理学部を卒業して研究職をしている友人などは、産休後に復職するのに困っているようです。

それに比べて薬剤師は大歓迎で迎えてもらえますし、時短勤務も認めてもらえるなど恵まれています。パートでもよいお給料がもらえますしね。


卒業してすぐは病院に就職しました。夕方5時半に終われるのがラッキーという理由でした。病院ではクリーンベンチを使って、抗がん剤の調合などもやっていました。 


結婚が決まったのと主人の転勤がほぼ同時で、病院を辞めたのですが、主人の転勤がなくなってしまいました。それで主人の勤めるドラッグストアで働き始めたのですが、通勤がたいへんだったので、大阪で就職し直すことになり、この会社に出会いました。スペイン語を習っていたので、終業時間が早いことが転職の条件だったんです。


ファミリー薬局なんば店は、オープンしてから6年目。近くに大きな病院がありますが、どちらかというと広域の面受付です。

JR難波の駅前ということもあり、外国人観光客(特に中国人)も多く、言葉が通じないときはスマホを使って筆談しています。忙しくないときは、他の店舗の在宅訪問の薬の準備を手伝っています。 


この仕事のやりがいは、患者さまにありがとうと言われたとき。高齢の患者さまの多くは話し好きなので、生活習慣のことなど、薬とは直接かかわりのない話もたくさんします。

ある糖尿病患者さんは「間食はしてません」、その一方で「果物は身体にいいからよく食べてます」とおっしゃいます。私が「果物は糖度が高いから、あまり食べないほうが…」と言うと「今までそれで過ごしてきているので大丈夫!」といった変な会話も生まれます。


仕事はずっと続けたいですね。働くことで人間としてのスキルアップができると思うんです。理想と現実はかなり乖離していますが、なにより重要なのは実体験だと思います。

たとえば就職する地域を、新天地の開拓と考えて、あえて知らなかった場所にしてみるのもひとつ。私は海外旅行が好きなのですが、その経験からディープなところのほうがおもしろいと思います。

百聞は一見にしかず、私たちと一緒に人情豊かな町で働いてみませんか。

OB/OGの声一覧

この求人へのお問い合せ

法人名
協栄薬品株式会社
担当者名
労務総務 菊地
住所
〒577-0057
大阪府東大阪市足代新町17-15
電話番号
06-6783-6324
URL
http://kyouei-yakuhin.co.jp/index.html
お問い合わせ
e-mail
silver-b@iaa.itkeeper.ne.jp