一般社団法人れいんぼう

コード:150222イッパンシャダンホウジンレインボウ

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 広域(面)受付/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:愛知県 名古屋市熱田区、港区、中川区、海部郡蟹江町
掲載企業の情報はファーネット2019に掲載されている情報を元に掲載しています。
本年の採用有無や、採用条件を保証するものではない事、ご留意ください。

伊藤 稔|第一薬科大学

薬剤師の責任の重さに、かえって達成感とやりがいを感じます。

薬剤師の責任の重さに、かえって達成感とやりがいを感じます。

 高校時代はなんとなくバイオ関係の仕事に就きたいと思い、バイオ工学系の専門学校に通いました。その専門学校から、薬科大学に進めることを知り、第一薬科大に編入し、薬学部に進むことにしました。

  自分自身も長いあいだ薬を飲んでいたので、そのときの薬剤師さんとの交流もや、多い時は犬8匹、インコが10羽もいるほど動物好きな家族だったので、生物に関心があったこともきっかけとなったかもしれません。

  学生時代に経験した実習でも、やりがいのある仕事だなと思いました。 しかし、実習と実際の仕事には大きな違いがありました。それは「責任の重さ」です。 大学時代は病気と薬の名前を一致させるのに精いっぱいでしたが、現場では服薬指導までできなければなりません。 仕事をする上でうれしいのは、患者さまの「おかげでよくなったよ」という言葉。飲み忘れが多かった患者さまに、1日2回ではなく1回で済むように薬の種類を変えられることをお伝えして、ドクターがそのように変更してくださったこともありました。

 在宅医療にも興味がありますので、機会があれば患者さまのところへ訪問したいですね。在宅の方は寝たきりが多いので、ベッドサイドまで行って状態を確認したいと思います。 実はコミュニケーションが苦手な私。でも相手の話を聞くのは得意なので、在宅ならゆっくりとお話が聞けると思います。

 この薬局は診療所の門前なので、午後は診療がなく、残業はほとんどありません。金曜日は往診があるので、その処方せんが来ることもありますが、それ以外は定時で帰れます。 休日は体を動かしに行くことが多いですね。最近はボルタリングといって、壁にいろいろな突起がついているところを、自分の手と足だけで登っていくスポーツにはまっています。レインボー薬局なら、仕事と趣味の両立もできますよ。

  将来はプライマリ・ケアができる薬剤師を目指しています。患者さまから何を聞かれても答えられるよう、時間の許す限り勉強会や学会には参加するようにしています。れいんぼうなら学会などの補助があるのも嬉しいですね。

OB/OGの声一覧

この求人へのお問い合せ

法人名
一般社団法人れいんぼう
担当者名
仁村(にむら)
住所
〒456-0057
愛知県名古屋市熱田区五番町3-10
電話番号
052-665-3350
URL
http://www.rainbow-yakkyoku.jp
お問い合わせ
e-mail
mail@rainbow-yakkyoku.jp